やる気を引き出す鍵を見つける|ワークフローなどのシステム導入で仕事の質をワンランクアップ

組織改善に一手を投じれる

スタッフが多ければ、行える仕事もバリエーションが増しますが、その分モチベーション管理が大変になります。そんな状態を改善するのに役立つのが、クラウドの診断ツールです。簡単な質問に答えるだけなので、スタッフ全員に無駄な時間をとらせずに組織内の状態をチェックできます。その使い勝手をこちらのページで紐解いてみましょう。

システムで組織環境改善してみての感想

働きたいと思える会社を作れました。

クラウド上で、年に2回ほどスタッフにモチベーションの調査を実施しています。おかげで、ビジョンや戦略、感情のギャップについてどう埋めていけば良いのかも見えてきたし、長く続けていきやすい環境を作るには何をすべきか見極められます。業務の実績を可視化しやすくしたり、社内イベントを活発化させたおかげで、働きやすいと評判です。

経営理念が浸透しきれていないのが知れました。

うちと他社さんで何が違うのかをシステムのおかげで把握できたのと、どうモチベーションをアップさせれば良いのか見えてきたのは大きな収穫でした。ちゃんと評価基準を設けていなかったから、社員全員が正当に評価されていないと思わせてしまったので、その反省を踏まえて業績を詳しく可視化させたら社員のやる気もアップできました。

やる気を引き出す鍵を見つける

スーツの人

組織内でPDSが回りやすい

クラウドで、スタッフの仕事に対するモチベーション検査ができるシステムは、簡単に実施できるのが魅力。導入すれば、組織状態はどうなっているのか可視化・数値化すればより良い組織にするために、何をすれば良いのか見えてきやすいです。

回答の方法も楽

クラウドのモチベーション調査システムは、質問の受け答えも簡易的に済ませられます。スタッフの時間をとらせずに仕事への姿勢はどうなのか、改善してほしいことは何なのかを把握しやすいのがメリットです。20分ほどの回答で、スタッフが抱いていることを読み取ってみませんか。

広告募集中